自動車の事故・修理・鈑金塗装から保険手続、車検まで、車のことならなんでもお任せください!快適にお車に乗っていただくために、お客様目線で様々なアドバイスをさせていただきます。
0568-62-1048
お問い合わせ
はくていニュース バックナンバー
メールでのお問い合わせはこちら
0568-62-1048
愛知県犬山市「白帝自動車」
はくていニュース バックナンバー
  1. トップページ
  2. はくていニュース バックナンバー
2024.06.05
そろそろ日中も暑くなってきて、車のエアコンもフル稼働する季節に入ってきましたね。本格的な夏に入る前にチェックしておきたいものとして、「エアコンガスの量」はもちろんですが「エアコンフィルター」も大事なチェックポイントとなります。

実は、エアコンフィルターが汚れているとエアコンの効きも悪くなってしまうのです。家のエアコンと同じように、フィルターが汚れていると稼働率も悪くなりますし、異臭が出たりもします。

家のエアコンは本稼働する前にフィルターの清掃をしてから使い始める方も多いと思いますが、車のエアコンも同じです。本格的に使い始める前に、エアコンフィルターもチェックしてみてくださいね。
2024.05.17
弊社でも取り扱っております火災保険ですが、火災保険は火災時だけ対応する保険ではありません。他の災害でも対応できるものがあります。

例えば、台風などの強風で家の屋根が飛んだ場合なども、火災保険で対応できることがありますので、まずはご契約の保険会社さんにご相談されることをお勧めします。

弊社でも車の保険だけでなく、火災保険などの総合保険も取り扱っておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。最適な保険をご提案させていただきます。
2024.04.30
先日、車検切れの自動車を預かって車検を通す対応をしましたが、この方は最近転居されてきた方でした。転居された場合、車検時期のハガキなどが届かず、知らないうちに車検が切れている…ということも起こるようです。

車検が切れている車はそのまま乗って持ってきてもらうことができませんので、キャリアカーで取りに行く必要があります。その分、費用は高くなってしまいますし、急なご依頼ですと代車がご用意できないこともあります。

ですから、お乗りになっているお車の車検時期はきちんと把握して、間違っても車検切れにならないように注意しておく必要があります。…が、自動車保険の時期は気にしていても、車検の時期は気にしていないという人も多いようです。

先に述べたように、転居などをされた場合は車検の案内が届かなくなる恐れもありますので、転居してきた方は特にご注意くださいね。
2024.04.17
スタッドレスタイヤを夏タイヤに履き替える時期ですが、寿命を超えたスタッドレスを使っている人って意外と多いです。交換する時に「次の交換ではもう使えませんよ」とお伝えしても、また次にそのタイヤをお持ちになる方もいらっしゃいます。

スタッドレスタイヤは溝が深いのでまだまだ使えると判断される方も多いようですが、ゴム質は確実に硬くなって(劣化して)いきますので、本来の性能を発揮することはありません。要は、止まれる時に止まれない…ということになりかねませんので、適切な時期に買い替えていく必要があります。

一般的に、スタッドレスの寿命は製造年月日から3〜4年ほどです。注意してほしいのは「使用を開始した時」からではなく、「製造年月日」からという点です。なぜならばゴムはほかっておいても劣化していくからです。

古くなったスタッドレスタイヤを、そのまま使い続けるのは大変危険です。交換時期をきちんと守って、適切に使用するようにしてくださいね。
2024.04.12
黄砂の時期になりましたね。黄砂は化学物質を含みますし、かなり硬い粒子となりますので、そのままにしておくと車のボディにもよくありません。(人間にもよくありませんが…。)

黄砂で汚れたままほかっておくと、こすれて細かい傷を作ったり、コーティングにもダメージを与えます。ガラスもそのままワイパーを動かしてしまうと、ガラスに細かい傷がつく可能性もあります。

また鳥の糞なども付けたまま放置しておくと、ボディを劣化させたり腐食が始まってしまいます。鳥の糞は酸性なので、特に注意が必要ですね。

ですから、黄砂や花粉、鳥の糞などで汚れたら、すぐに洗車を心がけるようにしてください。丁寧にメンテナンスしておくと、車の寿命も長持ちします。汚れた部分だけでもいいですので、すぐにキレイにする習慣をつけておくといいですね。
2024.04.05
春は入学の時期ですね。新しい自転車に乗り始めるお子さんも多いと思いますが、自転車の事故の話もちらほら出てくる時期でもあります。

学校で入る自転車保険もありますが、学校の保険には入学後「5月からの適用」とされるものもあるようです。そうすると、通い始めの4月の事故が補償されませんので、そういったことが心配な場合は親の自動車保険に「個人賠償特約」をつけることもお勧めです。こういった特約でカバーしておけば、無契約の期間をなくすことができます。

特に4月は事故が多い季節になりますので、万が一の時の為にしっかりと備えておきましょう。
2024.03.22
このところ、ディーラーなどでも「代車が無い」という話をよく聞きます。他にも色々なところで「代車が不足している」という話を聞きますが、代車が無いので入庫までに時間がかかるような事態も出ているようです。

このような時、もし保険に「代車特約」を付けている場合は、どんどん使うべきです。なぜならば、代車特約は使っても保険の等級が下がらないからです。新しいきれいなレンタカーにも乗っていただくこともできます。

ただし代車特約には「一般修理の場合は15日まで」「全損修理の場合は30日まで」という制限がありますので、この日数を超えないようにしなければいけません。ご注意くださいね。
2024.03.13
車検証には2種類あることを知っていますか?ひとつは「A6サイズの小さな車検証」です。こちらは用紙の中にICタグ(電子チップ)の入っている正式な車検証となりますが、有効期限や所有者の氏名・住所など一部の情報は記載されていません。

もうひとつは、正規の車検証(A6サイズ)と一緒にもらえる「A4サイズの車検証」です。こちらはいわゆるコピーの車検証となりますが、従来の車検証と同じように全ての情報が表示されています。

「車検証閲覧アプリ」を使えば正規の車検証(A6サイズ)からすべての情報を読み取ることはできます。しかし、それは車検証本体そのものを機械にかざさなければいけません。そのため、ネットでの修理のお見積もりなどの際には、全ての情報が載っている「A4サイズの車検証」のコピーやお写真を送っていただく必要があります。

「A4サイズの車検証(コピーの車検証)」については、2023年1月〜3年間は経過措置として必ず正規の車検証に付随されます。ディーラーなどで車検を通した場合は後から車検証を送ってくる可能性もありますが、何かで必要になる時もあるのでコピーだからと言って捨てずに正規のものと一緒に保管しておいていただくことをお勧めします。
2024.03.04
卒業・入学のシーズンが近づいていますが、この季節は保険の内容にも変更が出る季節です。

例えば、今まで一緒にお住まいになられていたお子さんが就職などで家を出ることによって、運転手範囲に変更が出るケースも多いです。また、お孫さんがおじいちゃんの車に乗るようなケースも出てくるかもしれません。このような場合には保険の年齢条件の確認を忘れないようにしてくださいね。

また、中学や高校に入学するお子さんが出る場合、自転車通学で自転車保険が必要になる場合も多いと思います。その場合、車の保険に付帯できる「個人賠償特約」でも自動車の事故をカバーできますのでお勧めです。火災保険や地震保険にも同じような特約がありますが、自動車保険の特約は賠償範囲が無制限となりますので内容的に一番お得だと思われます。

この特約は同居の親族の誰か1人が付けていればいいので、1台だけに特約を付けておけばいいです。自転車で相手をケガさせるような事故も増えていますので、万が一の時の為にしっかりと備えておきたいですね。
2024.02.22
新しい事務所がもうすぐ完成します。あとは内装工事などを少し残すだけとなりますが、今回の工事に伴ってカーポートも新しく作りましたし、防犯カメラも付けました。

新事務所先日は針綱神社の宮司さんに来ていただいてお祓いもしていただきました。新しい事務所で業務を開始するのを、従業員一同楽しみにしております。

完全に完成したら次は徐々に事務機器や書類の移動となりますが、これには少し時間がかかりそうです。完全に移転しましたらまたお伝えするようにしますね。装いも新たになる白帝自動車にご期待ください。
2024.02.13
今年は年初からひどい震災がありました。このあたりの地域でも南海トラフ地震が危惧されておりますが、地震や津波を原因とした損害は車両保険がおりませんので注意が必要です。

なお、地震や津波による被害を受けた場合に補償をする「地震・噴火・津波車両全損一時金特約」というものもあります。こちらは、地震や噴火、津波などを原因とする損害をカバーする特約となります。

地震や噴火、津波などによりフレームやサスペンション、原動機などに所定の損害が出た場合や、車が流出・埋没をして発見されなかった場合、運転席の座面を超えて浸水した場合などに一時金が支払われます。

地震などの災害は、いつ自分の身に降りかかるかもわかりません。地震や津波などによる被害を補償する保険についても、お気軽にご相談いただければと思います。
2024.02.05
年度末が近づいてきていますので、廃車や名義変更をお考えの方は少しでも早めに動くことをお勧めします。

特にローンを利用していた方の場合、所有権の解除をしていないケースも多々見られます。そうすると、まずは所有権をご自身に戻す処理から始めないといけませんが、この処理には時間がかかります。あまりにギリギリですと3月末までに間に合わなくなりますので、ローンを組んでいた方は特に早く動くようにしてくださいね。

また、廃車をお考えの場合、軽自動車は3/31までに廃車できないと「次の1年分の自動車税」が発生してしまいます。普通車の場合は年度の途中で廃車にすると月割りで自動車税が返って来るのですが、軽自動車の場合は月割りで返ってきません。

ですから、軽自動車の廃車をお考えの場合は確実に3月末までにできるよう、特にお早めに動くようにしてくださいね。
2024.01.23
先日、損保ジャパンのドラレコ特約でドライブレコーダーを付けている方から、「後ろのカメラを付けられますか?」というご相談がありました。損保ジャパンのドラレコ特約は前方カメラのみの契約となりますが、オプション(有料)でリアカメラもご用意されております。

リアカメラがついていると「あおり運転」の対策にも有効ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。ただ…特約でついてくるドラレコ本体はレンタルとなりますが、リアカメラ単体は買取となります。

特約でついてくるドラレコはレンタルのため、もし機種が新しくなると新しいものに交換してもらえますが、リアカメラは買取のためそういうことはありません。この点だけご理解いただきますようお願いいたします。
2024.01.11
昨年よりタイヤが外れる事故が多発していますね。スタッドレスに付け替える時期ですが、ご自身でタイヤ交換をされる際はくれぐれも気を付けて作業するようにしてください。できれば専門店に持ち込んで作業をしてもらうのが安心です。

事故の原因がトルク不足によるものなのかはよくわかりませんが、タイヤのナットを締め付けるのには「適正トルク」というものがございます。これは強すぎても弱すぎてもダメで、強すぎると次の交換の際にナットがはずれなくなったり、締め付けの際にボルトを引っ張ってボルトを折ってしまうような事態も起こり得ます。弱すぎると走行中にはずれてしまうというような事態も起こり得ます。

専門店に任せれば適正なトルクで締め付けてくれるだけでなく、タイヤの空気圧も適正なものに調整をしてくれますので、できればタイヤ交換は専門店にお任せするのが安全です。
2024.01.01
明けましておめでとうございます。

昨年は創立50周年を迎え、これを機に工場事務所のリフォームに着工することができました。長年の課題でありました「お客様とより快適にお話したい」という思いをようやく叶えることが出来そうです。今年も更なる飛躍が出来るよう頑張ります。

令和も6年目に入り、新しい様々な課題も出て来ると思われますが、その都度学習して前進したいと思っております。本年も変わらぬご支援、ご愛顧の程よろしくお願いいたします。

代表取締役社長 板津恵二
0568-62-1048メールでのお問い合わせはこちら
修理のお見積もりはこちら
損保ジャパン